オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
建設

快適な空間を手に入れる

騒音対策としては、音を遮断するために壁を厚くする事が有効です。
音の伝達にはエネルギーを消費するため、音が通りにくく壁を補強することにより、防音工事が可能です。
こうした防音のためのリフォーム工事には、少なからず費用がかかります。
しかし、騒音は人の精神状態にも影響する重大な公害ともなりうるため、騒音対策は非常に重要なことです。

騒音のない快適な活動環境を手に入れるためにも、騒音対策のための防音工事を行う事で、騒音に悩まされることのない快適な空間が手に入ります。
騒音対策さえ万全に行っておけば、活動の効率が上がって、日常生活や仕事の充実が図れます。
騒音を遮断する技術が向上すれば、さらに騒音対策の効果が確実で施工もリーズナブルになります。

作業員

騒音対策の例

近年近隣同士の騒音によるトラブルが後を絶ちません。
騒音トラブルの一例をあげると深夜における宴会による騒音やピアノの演奏による騒音、深夜の公園で騒いだりすることも騒音トラブルといえます。
このようなトラブルを起こさないためにも、騒音対策が必要となってくるでしょう。

ピアノの例でいえば演奏の音が外に漏れないよう防音OKのマンション等に住んだり、一戸建ての場合には防音工事を行い音漏れを防ぐといった対策をしておくべきでしょう。
このような防音工事を行っておくことにより、近隣での騒音に関するトラブルを未然に防ぐことはできます。
住宅街の中にある学校内の体育館で壁際に近づくとたまに耳の片側に違和感を覚えることがありますが、これは外部に騒音が漏れないように事前に防音工事を行うことで騒音対策を済ませています。
このような騒音対策を行うことで騒音に対するクレームを防ぐことができるため、防音工事は現代の建物においては必要であると考えられます。

また、建物だけでなく深夜の公園に若者がたむろすることで大騒ぎをして近所の治安、騒音への対策として特定の周波数の音を流すことで耳に不快感を与え長時間その場にとどまらせないようにする「モスキート音」を流すことも騒音対策と言えるでしょう。
このように騒音対策を考えることで近隣同士の問題や治安対策になるため、このようなトラブルが発生する前に防音工事を行うことなどの騒音対策を行っておくことをお勧めします。

空を飛ぶ

騒音対策のテクニック

マンションやアパートなど集合住宅においては、隣や上下の住戸と密接した造りとなっており、物音が響きやすい環境となっているため、騒音対策が必要となる場合が多くあります。
住民同士のコミュニケーションが希薄となっている現代においては、小さな物音でも気に障るという事があり、静かな環境では、なおさら少しの物音に対しても気になるという事があります。
椅子の移動音やドアの開閉音など、音を発している側にとっては気にもとめない音であったとしても、音を受ける側は騒音と認識する事もあるため、騒音対策は誰にとっても身近な問題です。
これらの音は、少しのテクニックで防ぐ事ができます。
椅子の移動音を発しないためには、ホームセンターなどで販売されている専用のキャップを椅子の脚に取り付ける事や、厚手の絨毯を床に敷く事で階下に対して生活音を響かせない事ができます。

また、楽器を演奏する際には騒音対策が必要不可欠です。
音を発している側は心地よい音色でも、聞こえてくる側は同じような感覚ではない可能性が高いからです。
その際には防音工事が必要となります。

楽器などの騒音対策は、ただ単に防音工事を行うだけでなく専用のテクニックが必要とされます。
防音工事の際に室内での音の響きの調整を行う必要があり、天井や壁で適切な音の拡散や吸収を行う事をしなくてはなりません。
これらの事を実現するために、浮き構造の防音工事が行われる事があります。
自分や周囲の人たちが快適な生活を送るためにも、騒音対策は必要不可欠な取り組みです。