お別れ

70%以上・・・という数字について、何の数字だと思いますか?

離婚した後に、養育費が未払いになる確率です。別れる時に約束をしていても、分かれてしまえば赤の他人です。事情(職がなくなったなど)もあるかもしれませんが、支払いが面倒に感じて支払を止める人が大半を占めています。
約束事項ですから、請求することは可能です。しかし、裁判を起こすとなると面倒な手続きが必要です。

こうならない為に、離婚する時に公正証書という書面で約束しておきましょう!
この公正証書は強力な書面で、この紙で裁判が不要になります。公正証書で事前に約束をしていると、自動的に裁判に勝訴したところから話を進められます。
財産の差し押さえ等も出来るので、確実に相手に請求できます。また、離婚公正証書を作成しておくことで、相手に念押し(プレッシャーを与える)することが出来ます。

離婚の時に話し合いを要しますが、相手の顔を見るのも嫌だ!という場合は、間に代理人を立てても構いません。代理人を通す時は、必ず相違がないか注意しましょう。自分の気持ちをしっかりと代理人に説明して、少しでも不明な点があった場合は即質問してその場で解決しておきましょう。
書類が強力なので、提出する前には何度もチェックしましょう。






おすすめ記事

What's New

2012/01/24
新着記事を更新。
2012/01/24
TOP3を更新。
2012/01/24
ランキングを更新。
2012/01/24
仲良しの秘訣を更新。
2012/01/24
確率を更新。
2012/01/24
離婚と公正証書のススメを更新。
2012/01/24
ホームページリニューアル